返回列表 回復 發帖

 亡くなったとばかり思った侍従長が生きていた

 その種明かしは、凄腕シェフ・クロルの手によって、三分クッキング風にあっさり説明された。「確か、闇の魔術が解けるには、それをかけた人の命と引き換え……じゃなかった?」クロックス レディース
「まあ、ラッキーなとこもあったんだけどさ。僕があの塔から拾ってきたもの、覚えてる?」「うん。なんか、髪の毛っぽい……」クロックス 店舗
 ズボンごと燃やさなきゃいけないとこだったと、白い歯をキラリと光らせて笑うクロル。 もしそんな姿になったら……と、サラはリアルに想像しかけて、止めた。レスポートサック ハローデイジー
 ちょっと不器用なアシスタントもなんのその。 魔術についてうろ覚えのサラが問いかけても、クロルは良くぞ聞いてくれましたとばかりに余裕の笑みを浮かべる。レスポートサック バッグ
第三章 閑話3 〜名探偵クロル君の休息(3)〜
 亡くなったとばかり思った侍従長が生きていた。レスポートサック バッグ
 咲き誇っていた赤い花の数だけ、人の死があった……そんなリアルなイメージを呼び起こされる。 広場は墓地になるけれど、一人一人の墓標を立てるスペースはないので、調べがつく限り全員の名前を刻んだ、大きな墓石が置かれるという。レスポートサック 柄 一覧
 脳内にデリスが現れて「サラ姫様、はしたない!」と、強烈なお叱りが飛ぶ。 「はい、ゴメンナサイ」と呟いたサラは、首根っこがちぎれるくらい頭を強く振って、話に集中しなおす。「えーっと……その髪の毛が、侍従長の身代わりに?」 クロルは、軽くうなずいた。「アレは贄だったんだけど、侍従長の肉体の一部でもあったからね。ただ侍従長の魂は、毒を飲んだ時点でもう冥界へ行ってしまったんだ。贄が壊れて、術者が死んで、対象となったコーティはまだ生きていた。いろんな要素が重なって、あの結界は消えたんだ……」 うつむいてしまったクロルとサラは、黙ってお茶をすすった。http://www.crocsshoes.asia ていうか、髪の毛なんだけど。 サラが露骨に嫌な顔をするのも気にせず、クロルは言った。「侍従長は、空間転移の魔術を完璧には使いこなせなかったんだろうね。自分の髪を贄として要点に置くことで、魔術を強化したんだ。きっとコーティが“赤い花”に変わったら、回収するつもりだったんだろうけど……」クロックス キッズ クロルの使う暗喩は、直球ストレート以上にキレのあるカーブだった。 サラの背筋が、またもやゾワつく。クロックス レディース
「あの髪の毛、侍従長が死のうとしたタイミングで引きちぎったんだ。広場に移動する間、ズボンのポケットに入れといたら、土壇場で見当たらなくなっちゃって、どーしようかと思ったよ」クロックス 店舗
関連記事:

  
   http://niupixian.oa89.com/plus/view.php?aid=118106
  
   http://cute494.info/viewthread.php?tid=4388&extra=
  
   http://www.5delian.com/luntan/home.php?mod=space&uid=552
返回列表