返回列表 回復 發帖

自然と、ユチアの腕も肩から離れる

「どうだった? あいつらは」 背後からの男の声にも、女性は振り向きもしなかった。まるで、彼がそこにいることなど最初から知っていたかのように。vivienne westwood 財布
「エフィに分からないものが、オレにわかるわけ無いだろう?……ドンの片腕のエフィウレ様」 耳元でささやかれた言葉に、エフィウレは表情を変える事もなく髪留めを外した。長く、まっすぐなこげ茶色の髪が風に揺れ、ユチアの鼻につく。――目元に影を落とす長いまつげ。今は地味に整えている薄い唇。それが赤く染まる時、この女がどんな魅力を放つか、自分は知っている。ブルガリ 時計
「なんで殺(や)らなかった?」「……それはユチア。あなたの役目じゃなくて?」 倦怠感を含んだ言葉。その声に、背後の男――ユチア=サンガーナはかすかに口の端を上げた。ボッテガヴェネタ 店舗
「でも、オレが考えている事はエフィにはお見通しなんだろ?」 ユチアがその横顔に口を近づけると、エフィウレは歩き進んだ。自然と、ユチアの腕も肩から離れる。ボッテガヴェネタ
「……喋(しゃべ)りやがったな、あのガキ……」 考えずとも、誰の告げ口かはわかる。あの生意気な少女が自分の言いつけを聞かないことなど、ユチアは知っていた。ふいに、崖下の景色に目を向けた。シャルロット達の馬車はとうに姿を消し、見えていない。ユチアの視線は再び歩き進むエフィウレの背に戻った。http://www.bvlgaricartiergirls.asia「まあな」 女性の視界からも、もうすぐ馬車は消える。わずかに手を崖先に向けると、女性は眼鏡を手放した。それは音も無く、崖下へと落ちていった。ブルガリ財布「私には、どうして彼が気にかけるのか理解できないわ」 馬車が視界から消えると同時に、女性は興味を失ったように崖の先端からユチアへと足を向けた。すれ違いざまに、ユチアがにやりと笑ってその肩を抱く。ボッテガヴェネタ
「……そう、たいしたことも無いわね」 眼鏡に手をかけ、ゆっくりとそれを外す。切れ長の灰色の瞳は、その障害が無くなった事で鋭さと静けさを強調させる。女性が目を静かに閉じた。ブルガリ チョコ
「そうね。遊びはほどほどにしなきゃ、彼になんて言われるか。……あなたも」 先ほどと少しも変わらぬ淡々とした口調。その言葉に、ユチアは苦笑いをこぼした。それが何を指すのか、知っているから。カルティエ 指輪
 すらりと伸びた背筋でも、いかにも女性とわかる体の線。こげ茶色の髪はきつくまとめ上げられ、一つの乱れもない。濃紺の長袖のブラウスに、腰の締まったロングスカート。――城から逃亡したトパーズ王子の家庭教師の女性は、過ぎていく馬車をただその眼鏡の奥の灰色の目で見つめていた。カルティエ 財布
関連記事:

  
   http://www.antiochpedia.org/connect/blog/view/257179/%E7%89%B9%E3%81%AB%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%AF%BA%E3%81%AF%E2%80%A6
  
   http://bbs.dongmannet.com/forum.php?mod=viewthread&tid=3856886
  
   http://www.katong.org/bbs/forum.php?mod=viewthread&tid=2318975
返回列表