返回列表 回復 發帖

 これで残りの魔術師は七人だ

 ベルグはアイリスの指示を聞きながら、槍を大きく振りかぶって投擲(とうてき)した。先ほどの弾丸が放たれた方角だ。一か八かの賭けだったが、案の定敵は油断してその場を動いていなかったらしい。僅かの間を置いて大きな魔力が途絶えた。ハミルトン 腕時計
 その時、足音と怒号が耳に届いた。かなりの数の魔族が北東門からこちらに向かって迫ってくる音だ。ハミルトン 腕時計
 その瞬間、ベルグは二重の殺気を感じた。ちょうど右手側と左手側から、挟む込むように何かが自分へ向かって放たれた。察するに、二発目の弾丸と山門の第三射だ。視界はまだ晴れず、回避する猶予もあまりない。時計 人気
 ベルグは忌々しげに舌打ちすると、槍を大きく振るって山門を一歩下がらせた。その隙に、自らは横に飛び退いた。次の瞬間、寸前までベルグが立っていた場所に魔力の弾丸が放たれ、小さな爆発を起こした。時計 人気
 噴煙が上がる。ベルグは今の弾丸の射手を探った。二人目の魔術師がどこかにいるはずだが、土煙で視界が悪かった。オメガ腕時計
 ベルグは一も二も無く、敵の魔術に向かって手をかざした。魔力を溜めて発射する。魔力と魔力が空中でぶつかり合い、爆発音と共に弾け散った。すぐさま振り返るが、もう矢をかわす時間は残っていない。時計 人気
 第二波か。ベルグは舌打ちをした。周囲に警備兵の姿が無い事から考えて、自分達が突出しすぎている事を理解する。周囲は敵だらけだった。 二人は砂煙の中を駆けだした。時折、飛んでくる矢を払いながら、警備兵達の防衛線まで戻っていく。「忘れ物はあったのか?」 ベルグは走りながら尋ねた。「ああ、面倒をかけたな」「よし、指揮権を返す。状況は五分、敵魔術師は九名、うち二名撃破。物見の報告によると、敵本隊の後続が街を離れたらしい。おそらく、南東方面の別働隊に合流する気だろう。こちらから五班シルバに増援を回しておいた」「よし、分かった。門の封鎖はまだか?」http://www.watchgohot.asia 矢はベルグの額を目がけて、一直線に宙を飛んでいた。「ちぃっ」 ベルグはその瞬間、砂煙の中を一人の影が横切るのを見た。続けて、剣の閃き。鋭い金属音と共に、影の振るった剣が飛んでいた矢を払った。一瞬の出来事だった。機械式腕時計「待たせたな!」 ベルグの耳にアイリスの声が聞こえた。ベルグはふん、と鼻を鳴らした。「一旦退くぞ」腕時計 メンズ
 これで残りの魔術師は七人だ。「ああ」 ベルグはアイリスの指示に従った。元よりそのつもりだ。山門の首を逃す事は無念だったが、このままでは危険が大きすぎる。腕時計 レディース
関連記事:

  
   タイメックス 腕時計
  
    最早、世界の下の地位や、対等になる気は無い
  
   」 と外見など気にした素振りもなく女性は叫ぶ
返回列表