返回列表 回復 發帖

chloebvlgarishopja.asia-クロエ バック20165140

11 お前じゃねえんだよ
 ライトバンを飛ばしながら、俺は高校時代のことをひたすら思い返していた。 球技大会があれば不必要なくらいに燃え、マラソン大会があれば最前列からスタミナ無視して疾走、昼休みの屋上で花火大会、深夜の公道で暴走族ごっこ、誰かがバカやりすぎて退学になりかけたら朝の通学路で署名活動をし、隣の高校と戦争起こしてみんなで仲良く二週間の謹慎をくらう。来る日も来る日もバカ騒ぎの連続で、考えなしに規則やシステムに反発して、青臭くて、あほ臭くて、でも楽しくて仕方がなかった毎日。毎日全力出してた俺。でもいつからだ?いつからか俺は本気で何かをすることをやめた。それはたぶん、本気でやろうが手を抜こうが結果が大して違わないことを悟ったからだろう。遅い車一台ぶち抜いたって、次の信号で追いつかれるんだ。馬鹿馬鹿しくてやってらんねえ。いつかそう思ったんだ。それにはっきり言ってしまえば、俺は高校生になりたかった,http://skinnytree.berkeleyblogs.com/archives/2009/01/post-4.html#comments。というかずっと高校にいたかった。このままじわじわみじめに年を取りながら五十年も生きるくらいなら、同じ三年間を十回ループして死んじまいたいって心から思ってた。だってあれ以上がこれからあるなんて到底思えやしないんだ。でもそれは無理だってことくらい知ってる。それが俺の『成長』だった。それを認めてしまうことが、大人になるってことだと思ってた。どうやら間違えてたらしい。わかった顔してすましてるだけのただの無力なガキ。それがいまの俺だ,http://mbxzzx.eicbs.com/bbs/boke.asp?4452571oob.showtopic.162232.html。未来に殴られて切れた口の中が痛む。paul smith 財布
paul smith 財布
ポールスミスレディース
Paul Smith 時計
ブルガリ 指輪
http://www.chloebvlgarishopja.asiaクロエ バックシーバイクロエ
クロエ 新作
「あーあーあーあーうぜーなーおい!!」 俺は右車線にバンを出して、『今の俺』っていうメタファーみたいな法定速度遵守のトラックを一瞬で抜き去った。うぜーよ、うぜーんだよマジで。それやってどうすんだとか、それ意味あんのかとか、そんなにがんばんなとか、十分だろとか、もういいだろとか、仕方ねえとか、そんな誰かが誰かのために言った弱っちい言葉を勝手に飲み込んで消化して、自分のものにしてた。あほだろ。あほすぎる。俺そんなの大嫌いだったじゃねーか。昔の俺だってそんな立派なもんじゃねえよ。でもいまよりはいくらかマシだ。どんなことでも全身全霊ぶち込まなきゃ気がすまなかったのが俺だろ。でもこの三日間に限れば、俺は久しぶりに全力だった。茉莉子が来て、全力で無謀なことをやってる茉莉子を見て、俺も力になりたいって思った。倒れるまで茉莉子の父親を捜そうと思ったし、いまも思ってるし、二人で茉莉子の父親に会いに行くんだ,http://skinnytree.berkeleyblogs.com/archives/2009/09/visitation.html#comments。茉莉子が俺を取り戻させてくれた。あと未来と脩平も。あーそうだよ。俺は俺を取り戻したことを宣言する。だから俺は全力で晴香ちゃんを見つけ出す。会って何を話すかなんて決めちゃいない。出たとこ勝負だそんなもん。もし何も思いつかなかったら、砂浜に頭埋めるくらいの土下座でもしてやるよ。シーバイクロエ
返回列表